イメージ画像

家に合わせて変えていくことができるヨーロッパ調の表札

日本の住宅には、ほとんどの家の玄関には表札があるものです。
この表札にも様々なものがあり、その家の雰囲気を一番最初に彩るものでもあります。

主に日本の表札は木製のものが主です。
素材の種類としても、桂やヒノキ、ケヤキ、桜など縁起も担ぎながらも
色々な素材を使って作られているものです。
この木材に文字を彫りこんでいく手法が日本のものです。

これにくらべ、ヨーロッパなどでは文化の違い環境の違いから木製ではなく、
金属や陶板、ガラスなどが使われるのです。
特に古くからあるのは金属製のものです。
日本の建築物は木造が主なものだったのに比べ、ヨーロッパではタイルなどで壁を作ることが多く、それに合わせた素材になっていったとも言えるわけです。

こういった素材の特徴は、種類が豊富で選択肢が多くあるために、
どんな玄関でも合わせやすいことが言えます。
木製の表札には、彫りこんだ部分以外は着色はしにくいものですが、ヨーロッパ調の素材であれば、玄関に合わせ素材自体の色も変えられますし、着色できるものもあるわけです。
ヨーロッパ調の素材は加工がしやすいということもあり、
個性的なデザインの商品がとても多くが存在します。
特に横書きにすることで、デザインの制限はほとんどなくなり、
字体なども含めて選択できる幅は木製に比べて飛躍的に広がっていくのです。

表札は来客が最初に目にするものです。
ヨーロッパ調の表札などを利用することで、印象的にも家の雰囲気をかえることもできるのです。

おすすめ情報

玄関を豊かに彩る表札館
表札館は表札専門の通販サイト!
丸三タカギの表札や最新の素材を使用した表札まで幅広く取り扱っております。
「我が家記念日」ではお客様が購入された表札を取り付けた写真を見ることができる
フォトギャラリーとなっております。

このページの先頭へ